FAQ入稿、印刷、製本に関してよくある質問をまとめました

  •  Q1 
    紙の版下からでも入稿は可能でしょうか?
    可能です。スキャニングし、データ化したうえで印刷いたします。再版時はそのデータから増刷することが可能です。
     

     Q2 
    入稿は紙の版下とデータ、どちらが良いですか?
    できるだけデータ(PDF)でお願いいたします。仕上がりがキレイな上、再版対応にも便利です。

     

     Q3 
    製本されている冊子の現物からの複製は可能ですか?
    可能ですが、背の部分は断裁させていただきます。

     

     Q4 
    ノンブル(頁番号)を付けられますか?
    可能です。版下、データのどちらでの入稿でも対応可能です。(別途料金が発生いたします)

     

     Q5 
    原稿の修正や加工はお願いできますか?
    基本的には完全原稿でお願いしておりますが、別途費用にてお引き受けは可能です。ただし、一部対応できない作業もございますのでご相談ください。

     

     Q6 
    何日くらいで納品できますか?
    仕様や部数にもよりますが、基本的に中3ー4日でご対応いたします。中2日以内のお急ぎの案件は、別途料金での対応となりますのでご相談ください。

.

  •  Q7 
    色など、多色刷りはできますか?
    軽オフセットは単色専門(刷色は基本的にスミに限ります。特色は応相談)の印刷方式ですので、カラー印刷の場合はオンデマンド印刷でのご対応になります。
     

     Q8 
    用紙は何でもOKですか?
    本文は、上質紙・書籍用紙・マットコート紙に限ります。コート紙などの塗工紙は軽オフ印刷機の性質上、ブランケットに張り付きやすいため印刷できません。表紙はレザック、タントなどのファンシー系の用紙も選択可能です。

     

     Q9 
    どのサイズまで印刷できますか?
    A3判ノビまでです。背幅を含む表紙の印刷は315 x 450の用紙まで印刷できます。

     

     Q10 
    名刺や封筒、複写伝票なども印刷できますか?
    できます。

.

  •  Q11 
    製本可能なサイズを教えて下さい。
    無線綴じはB4から90 x 55mmの名刺サイズまで、中綴じはA4から180 x 120mmまで可能です。(ともに長辺綴じの場合)
     

     Q12 
    短辺綴じの無線綴じはできますか?
    A4からB6まで可能です。

     

     Q13 
    無線綴じは何頁(何mm)までできますか?
    45mmまで可能です。70kgベースの上質紙なら約900頁、55kgベースなら約1,000頁まで綴じることができます。

     

     Q14 
    中綴じは何頁までできますか?
    100頁程度まで可能ですが、60頁以上は背の部分の折り目がやや丸くなります。

     

     Q15 
    モノクロの冊子の中に、カラー頁は挿入できますか?
    カラー頁や色上質紙を使った中扉などを、どこにでも綴じ込むことができます。

     

     Q16 
    折込(片袖折り)の綴込みはできますか?
    できます。冊子全体の厚さに応じて最大30枚程度まで綴じ込むことができます。

     

     Q17 
    刷本を支給して、製本のみはお願いできますか?
    申し訳ございませんが、お引き受けしておりません。

     

     Q18 
    アッセンブリや発送代行はお願いできますか?
    お引き受けしておりません。発送代行は可能です。

     

     

     

    ※ 記載されている寸法などは、仕様により変更する場合があります。詳しい内容はお問い合わせください。


  • 印刷・製本
  •  印刷・製本
  • 入稿について
  • 入稿について

PAGE TOP